トラブル、ハプニング  ホテルに関すること

タクシーは頑丈そうな車を選ぶに限る?!

確かに、台湾のタクシーはとにかく飛ばします。高速道路の車間はいわゆる「テールトゥーノーズ」で今にも当たりそう。。。自分をレーサーと間違えてるみたいに飛ばします。

ま、もちろん運転手によるのだと思いたいですが。
タクシーはその時の運みたいなものもありますので、なるべく公共交通機関を使ったほうが安全ですね。できれば。。。

タクシー台湾2

リムジンで空港からホテルへ

 長年勤めた会社を定年退職し、今は毎日が日曜日になった66歳のリタイアマンですが、現役時代は海外出張が多く、世界中を飛び回っていました。

そんなあるとき、台湾への出張に行った時でした。

その日、台湾桃園国際空港に夕方到着した後は、台北中心部のホテルにチェックインして翌日からの仕事に備えるだけでした。入国手続きを終えて預けた荷物を受け取り、到着ロビーに出てホテルまでの移動手段を考えていました。

一般のタクシーは安いのですが、言葉が通じないのでトラブル発生時には困ると思い、信頼できそうなリムジンタクシーに乗る事にしました。

スウェーデンのボルボ社の車で少々高めの料金でしたが、

「安心と安全を買うのだから・・・」

との考えで納得しました。

目が覚めた途端体当たり

空港からホテルまでは高速道路を使って通常1時間位との事でしたので、後部座席でリラックスしていたところ、いつしか眠り込んでいました。

そして、急ブレーキと共に目が覚めた時には運転席のシートに体当たりをしていました。そう、シートベルトをしていなかったのです。

幸い前の車に衝突した訳では無かったので怪我も無く、一安心でしたが、次の瞬間、衝突音と共に今度は座席の背もたれに激しく押し付けられたのです。

急ブレーキで止まったボルボに、後ろを走っていた一般のタクシーが追突したのです。ところが今度も身体の痛みは無く、驚きだけで済んだのですが、その驚きはその時のボルボの運転手の行動に対しての方が大きい位でした。

そのとき運転手のとった行動とは?

私が首を回したりして自分の身体の具合を確認している時に、運転手は車から降り、後部の損傷具合を確認し始めたのです。

そして何やらタクシー運転手と話した後で車に戻り、何も言わずに走り出したのです。勿論中国語で何か言われても分る訳では有りませんが、気遣いだけは伝わるはずです。

しかしそれは有りませんでした。そうして何事も無かったかのようにホテルに着いたのですが、どうしても納得できないので、英語の分るホテルマンに事故の事を伝え、念のためにボルボの運転手の連絡先を聞いておいてもらうようにしました。

ホテルマンの話では、その運転手は中国語しか出来ないので何も言わなかったとの事でしたが、OK?位は言えるはずだと思い、何の為に高いリムジンにしたのだ、と不満が残りました。それでも、シートベルトをしていなかったにもかかわらず怪我が無かったのは、やはりボルボだったからだと考えれば安いものだったのかも知れません。

何故ならば、追突した一般のタクシーは前部が大破し、損傷したラジエターからは蒸気が噴出していたからです。そして運転手は痛そうに額を押さえていたからです。

今後は海外で、特にアジアでタクシーに乗る場合は、やはり少々高くても頑丈な車を選ぶ事、そして必ずシートベルトをする事、と肝に銘じた出来事でした。

<ちょっと気になる関連記事>
ニューヨークにて「あ、私のスーツケースが!」
助けられたグローバルステータス
失敗したくない!出張で良いホテルを探す方法1(予約サイトの種類について)

スポンサーリンク








-トラブル、ハプニング , ホテルに関すること
-, , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.