手配・準備 英語、言葉に関すること

役立つ英文イディオムが身につく方法

メール、PC
上田さん3こんにちは。海外営業部の上田です。

英語が口をついて出るというのは、何遍も何遍も言葉として発しているうちに身につくものです。例えば、

Hello
Nice to meet you!

Good morning!
Good night!

Thank you!
Sorry

なんていうのは、英語の熟練者でなくても当たり前のように口をついてでます。日本人の英語で「Sorry」の多いことと言ったら・・・^^;

しかし、例えば、「気をつけて、いってらっしゃい!」

と言いたい時に、あれ?!
と思って、とっさには口から出ない時、結局自分の言葉として知識としてインプットされていないために出ない場合と、知識としてはあるのに、その時に思いつかないものがあります。

そういったとき、どうしたらいいのでしょうか?

まずはよく使うイディオムを知る

上田さんよく使うイディオムとはどういったところで知識を得ますか?

最近は、ネット辞書も無料で使えたり、Google検索にそのまま調べたい言い回しと英語とを(調べたい言い回し”◯◯+英語" というように)入力すると、実はその回答がGoogle翻訳で出てきます。

メールで書きたい時はそれをそのままコピペして使えば簡単ですよね?

難しい単語ほど、中々言えませんので。

例えば、

I’ll be right back. (すぐに戻るよ)

とか、


典型的なビジネスで使う、サブジェクトを上げてみましょう。

打ち合わせの内容について Agenda

ミーティングで話しをする内容や課題を「Agenda」と言います。

Meeting Agenda

となると、ミーティングで話しをする内容についてという意味合いになります。メールの例文をあげましょう。

サブジェクト:Meeting Agenda

Dear Mr. Smith
Hello, How are you? I hope you are doing well!

Thank you for your having a time for meeting us.
Could you please confirm below agenda and feel free to mail me if you have something additional.

Date: 13:00− Feb. 28th, 2017
Place: 1st meeting room @NEE Headquater
Attendee: Mike Smith, Peter Suzuki, Ann Jackson

Agenda:
Sales result in 2016
New product roadmap and sales target in 2017
Technical issues for current products
Sammary

Best Regards
Ann Jackson

<和訳>
打ち合わせの議題について

スミスさま
お元気ですか?ご多幸のことと思います。

この度は、われわれとのミーティングのお時間をいただきありがとうございます。下記にミーティングの議題を記しましたのでご確認いただき、他に追加すべきことがあればおしらせください。

日時: 13:00− Feb. 28th, 2017
場所: NEE本社 第一会議室1st meeting room @NEE Headquater
出席者:マイクスミス、ピータースズキ、アンジャクソン

議題:
1. 2016年度営業成果
2. 2017年度新製品と営業目標
3. 現行製品における技術課題
4. まとめ

よろしくお願いいたします。
アンジェクソン

というような感じでしょうか。
上田さん冒頭の"I hope you are doing well!” は決まり文句です。出だしの文句としてよく使います。また、最後の結びの言葉としての、Best Regardsも決まり文句です。こちらもよく使います。他にも色々と言い方があります。相手との間柄によって使い分けます。

<結辞句>
Best Regards:ビジネス。少しカジュアルに
Sincerely(Sincerely Yours):ビジネスではよく使います。上記よりフォーマル
Thank you:何か頼みごとをしたときなど
Best Wishes:頑張って(親しい間柄のときなど)

アポ取りをするときには Meeting Schedule

アポを取る時に、

Meeting Schedule

というサブジェクトをつけると、「次のミーティングの日取りのことを言いたいのだな」とわかります。

それでは、下記の例文のようなものはいかがでしょうか?

サブジェクト:Meeting Schedule

Dear Mike
Thank you very much for your inquiry. I would like to talk about our products by face to face with you. Hence could you please take a chance to have a meeting?

if you don’t mind, could you please send your time slot to open in next week?

I look forward to hearing from you soon.

Sincerely.
Ann

<和訳> 打ち合わせの日程 マイクさん お問い合わせ、どうもありがとうございます。私どもの製品についてのことは、直接お会いしてお話ししたいと思います。つきましては、お打ち合わせの機会をいただけませんでしょうか? 問題無いようでしたら、来週の空いているお時間をおしらせください。 ご返信をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。 アン
Inquiry:お問い合わせ
face to face:お会いして
Hence:ゆえに
look forward to 〜(名詞/動名詞):〜を楽しみに待つ
<参考記事:海外出張で使えるビジネス英語 その6 〜を楽しみに待つ

上田さん3最後のlook forward to〜は、〜を楽しみに待つですが、ビジネス的には、「ご回答をお待ちしております」という意味を持たせるときに、頻繁に使いますので、覚えておきましょう。

お問い合わせについて Inquiry

お問い合わせはInquiryです。
製品や価格、会社についてのお問い合わせについて、Inquiryをつかいます。

上記の例文の中にも、Inquiryが出てきていました。

サブジェクト:Inquiry

To whom it may concern

I am interested in your product. Could you please inform availability and price of it?

Thank you in advance for your quick answer.
Mike Smith

<和訳>
問い合わせ

ご担当者様
御社の製品に興味があります。在庫状況と価格についておしらせ願います。

早期のご回答お待ちしております。
マイクスミス

To whom it may concern:ご担当者さま
be interested in 〜:〜に興味を持つ
Availability:在庫状況(製品問い合わせのときには)
Thank you in advance for〜:〜について(前もって)感謝します。

仕入れ先などにメールをするときにはこんな感じでしょうか?営業の方は、このような問い合わせメールを受け取ることがあるでしょう。
Availabilityなどは、完全にビジネス英語ですね。製造業などは、在庫のことだなと覚えておきましょう。

お急ぎの時には Urgent

Urgent!!

となっていると、とても急いでいることがわかりますので、とても気になります。ただし、このようなメールを受け取った時には、スパムメールの場合もありますので、必ず送り主に注意しましょう。

見知らぬ方からの、このタイトルのメールは開くのを注意していください。

また、Urgentの後ろに、もう少し具体的な言葉を入れると、もっと効果的です。例えば、

Urgent Order:急ぎの注文
Urgent! program error:急いでください!プログラムエラーです

などです。

では例文です。

サブジェクト:Urgent Order

Dear Sales
We have an urgent order. I am issuing the PO immediately.
Could you please inform me ETD date of the products.

Thank you for your understadning.
Best Regards
Mike

<和訳>
急ぎに注文

営業ご担当者様
急ぎの注文があります。至急、注文書を発行します。製品の配達予定日をおしらせください。

ご理解いただきたく。
よろしくお願いいたします。
マイクスミス


Issue:発行する
PO:Purchase Orderの略 注文書
ETD:Expected (または、Estimated)Delivery Date 配達予定日

上田さん 考えるThank you for your understaning. はよく使います。無理を押して、お願いをする時、「よろしくお願いします!」だけだと何か物足りない場合、こちらの申し訳ない気持ちを先方に伝える時には、英語と言えども、言葉を重ねることは大切です。

但し、クドくならないように、ご注意を。

まとめ

メールのサブジェクトは、なるべく簡潔に、またメール本文の趣旨をわかりやすく表すべきです。そんな言葉で、しかも相手に伝わりやすいものは、定番がありますので、その定番は覚えておきましょう。

まとめ

✔️ 打ち合わせの内容については、「Agenda」
✔️ アポ取りをするときには、「Meeting Schedule」
✔️ お問い合わせについては、「Inquiry」
✔️ お急ぎの時には、「Urgent」

サブジェクトをつける時のちょっとしたアドバイス

上田さん、鈴木さん最近では、メーラーもソフトも高性能になり、あまり見受けませんが、文字化けには注意です。メールのサブジェクトに「2バイト」文字は使わないようにしましょう。

「2バイト」文字とは、全角文字とも言われているもので、日本語変換されたものです。特に、数字やスペース、アルファベットは要注意です。
相手のメーラーで読み込んだ時に文字化けの恐れがありますので。。。

<英語に関する人気記事>
英語スピーキング、しゃべりを鍛えるには「ぶつぶつ」トレーニング
通信教材は続かない?!驚異の英語学習法「TTP」







-手配・準備, 英語、言葉に関すること

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.