トラブル、ハプニング 

カンボジアとタイを2往復して戻って来た!!デジカメ

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%ab%e3%83%a1

こんなことってあるんですね。でも、よくよく考えてみると単にバスの床に、しかも椅子の下なんかに落としたもので気づいてもらえなければ、そのまま放置してあるかもしれません。

バックパックと一人旅

38歳会社員です。初めて東南アジア、バックパックひとつで女一人旅に出た時のことです。
1か月をかけて、タイ→ラオス→カンボジア→タイのルートでまわっていました。
短期間で色んなところを訪れたかったので、どうしてもスケジュールが過密になりがち。
慣れないゲストハウスの宿泊・かつ新しい土地での刺激的な出来事で睡眠不足が続いていました。

カンボジアからタイに戻る長距離バスの中、道路が舗装されていないためガタガタ道で浅い眠りでウトウトとしていました。バスの席も狭く、身体の固い私は体勢を変えながら、寝ては覚めの繰り返し。自分の荷物を席の足元に置いていたのですが、モゾモゾ体勢を変えている最中に

「ゴトっ」

と音がするのを感じました。

「ん?」

と思ったものの、眠さに負けまたそのまま眠りに・・・
バスはタイに到着し、ゲストハウスへ。荷物の整理をしていたら、デジカメがない!!
あの、「ゴトっ」という音は車内にカメラを落とした音だったのです。

旅も終盤。旅の思い出はすべてそのデジカメに収まっていました。

デジカメを求めてバス会社に電話すると

「どうしよう・・・」
と思って、慌ててバスを予約した旅行会社へ。カタコトの英語で伝えると、バス会社の番号を教えてくれました。そこへ再び電話をしてみました。

同じようにカタコトの英語で必死に、カメラを車内でなくした事を伝えました。バスはカンボジアにまた戻るからムリだ。というような内容を言われ、必死に食い下がると

「明後日、バスを降りたところにもう一度来てくれ」

と言われ電話は切れました。

その日の当日、何時に行ったら良いか分からないので、ひとまず早起きして停車場所へ。
1時間待ってもバスはきません。泣きそうになりながらバスを待っていると、カンボジアから乗ってきたのと同じようなバスが!

駆け寄って運転手に聞くも、

「そんなものは分からない」

と・・・。でも

「ネクストバス?」

と言っている。よく分からないけど、もう少し待ってみようかと同じ場所でひたすらバスを待ちました。

「誰かに盗まれちゃったのかな…」
「盗難保険に加入していてよかったな〜」
「でも撮った写真が見れないのが残念だな~」

などと考え、そこからまた1時間経過。バスが到着しました。

盗まれたと思っていたデジカメが・・・

運転手に駆け寄って聞いてみると、車内にいる誰かに何か話しかけています。車内から男性が1人、私の前に現れ

「これ?」

と私のデジカメを差し出してきました。
あまりの感動に

「イエスイエス!!センキュー!!」

を連発。カンボジア→タイ→カンボジア→タイと、2往復して私のカメラは手元に戻ってきました。タイだから誰か盗んだのかな、と思ってしまった自分に猛省しました。その男性にチップを渡そうとしたのですが断られ、帰り際にお茶1杯をご馳走してもらいました。

東南アジアは騙す人もいたりするけど、そうじゃない人の方が多い。私がその後も東南アジアに魅了されていく、キッカケの出来事となりました。

スポンサーリンク








-トラブル、ハプニング 
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.