その他

危機感を持とう!スペインのバルセロナで起こったこと。

スペインは昔からの建物、観光地、教会などが街の中に色濃く残る、趣きのある国です。また、そんな街中を地下鉄を使って動くのはすごく便利です。しかし、地下鉄を利用することで、同時に多少なりともリスクを伴ってきますので、しっかり自分の身の回りを意識しながら、行動することをお勧めします。

目的地への事を考えたり、待ち合わせ時間などを気にしていると、周りが見えなくなって危険な時がありますよ。十分に注意をしてください。

(こちらもチェック:海外で地下鉄に乗るときには, ミラノの地下鉄の切符に注意

ずーっと行きたかったスペイン

2016年1月にスペインへ1週間の旅に出かけました。
スペインは初めてでしたが、ずっと行きたいと思っていた国でした。

実際にスペインに降り立って私はとても感激しました。ここが憧れのスペインなのだと、心から来て良かったと感じました。1週間の内で首都のマドリードを3日間、そして、残りの4日間をバルセロナで過ごしました。

バルセロナの地下鉄で

バルセロナに降り立った私は思いっきり観光へ出かけました。バルセロナは地下鉄が非常に発達していて、街もコンパクトになっていることで移動が非常に楽なのです。

私も地下鉄に乗って名所のサグラダファミリアやガウディ所縁の地、それからサッカーのFCバルセロナの本拠地のスタジアムであるカンプ・ノウにも出かけました。全てが壮大でありとても偉大さを感じました。これがバルセロナなのだと改めて思いました。

ベビーカーを降ろすのを手伝ったところ・・・

気分も少し高まりながら、次の目的地に向かう為にまた地下鉄を利用しました。地下鉄で切符を買って改札を通り、階段を降りようとした時に、ある1人のスペイン人女性が声をかけてきました。

英語で話しかけてきた女性は私にジェスチャーで、一緒にベビーカーを降ろしてくれないかと相談してきました。よく見るとベビーカーを持った既婚女性で両手には大きな荷物も持っていました。確かにこのまま階段を降りては危ないと感じたので、私は手に持っていた財布をジャケットのポケットに突っ込んで、女性と一緒にベビーカーを降ろしました。

怖い人達が沢山いるんだから

女性は私にありがとうと感謝の言葉を言ってくれました。そして、付け加えてこのような言葉をかけてくれました。

「ここはバルセロナの地下鉄です。あなたは今、ジャケットの大きなポケットに財布を入れたけれど、それは危ないわ。だから止めたほうがいい。ここには怖い人達が沢山いるんだから。」

と、最後は冗談まじりの口調で注意を促してくれました。女性は私にとても愉快に話をしてくれました。でも、日本人の海外に対する危機感の薄さへの警告を私に促してくれました。私はハッとしながら財布を確認すると盗まれてはいませんでした。でも、私はとても大事なことに気付かされました。

気持ちを改めて・・・

まだまだ日本は平和な国であることに甘えて、海外での危機管理不足を怠っていました。

何が起こるのか分からないのは海外だけでなく、日本でも起こり得ることを再確認しました。
あの出来事をきっかけに改めてしっかりと防犯対策を確認しました。スペインの旅は何事も無く楽しく終えることが出来たのは、女性のおかげだと感じました。
私はあの女性に心から感謝したいと思います。

スポンサーリンク








-その他
-, , , , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.