トラブル、ハプニング  知らないと損する情報 鉄道、バス、地下鉄に関すること

知らないと損をする物価の高いイギリス

読者の方からの投稿です。物価の高いイギリスでの出来事。やっぱり限られた予算での行動で、なるだけ節約したいものですね。

イギリスでの切符の買い方

現在20歳の学生です。
半年ほど前にイギリスへ短期語学研修のために渡りました。その際遭遇した、主にお金の面でのハプニングや苦労について書こうかと思います。
研修中は7日間すべて授業があるわけではないので、週末は朝早くに起きて専ら旅行に行っていました。その際、大抵どこへ行くにも電車を使うわけですが、鉄道の制度が思いっきり日本と違うわけです。

知らないと損をする

向こうは窓口で切符を買う際「どこまで行くのか」を告げると、今いる駅から行先分迄の値段の切符を1枚にまとめて発行してくれます。
しかし私はそのルールに気付くのに少々時間が掛かりました。恐らく駅員さんは詳しく説明してくれていたのでしょうけど。2回目の日帰り旅行ぐらいまで大きな駅で路線を乗り換えるごとに窓口で行先を告げ、その都度お金を払ってしまっていたのです。

ロンドン市内はオイスターカードが便利

ロンドン市内観光では、やはり地下鉄を使うのが便利ですが、その利用にはOyster Cardがお勧めです。これは、日本でいるSUICAとかIKOKAなどの非接触型のプリペードカードです。
地下鉄でだけではなく、バスや地上路線の電車も乗れます。ロンドン市内をゾーンで分け、そのゾーン間の行き来に対して支払う制度ですので、支払い額を理解するにはちょっとしたコツが要りますが、あんまり細かいことは考えたくない方は、ただ使うだけでも計算しなくていいでしょう。
また、乗った経歴も後で券売機で見られるので、乗った後でどれくらい使ったか確認できます。

IMG_1482

チャージは大体でOK!

1日10−20ポンドチャージしておけば大抵足りると思います。
行動範囲によりますが、ロンドン市内であればそんなに使いません。また、使いすぎでオーバーした場合、一回までのマイナスは許容されます。
その代わり、次回、その分もチャージして乗るようにしなければなりませんが。

最近は本当にインフラが整備され、便利になりました。こういった新しいシステムを積極的に使うようにして、行動時間を節約しましょう。







-トラブル、ハプニング , 知らないと損する情報, 鉄道、バス、地下鉄に関すること
-, , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.