トラブル、ハプニング  携帯、スマホ、SIM、WiFiについて

レンタルWiFiを借りたものの

レンタルWiFiの通信容量の制限には、使うときに本当に気にしていないと、いざ本当に必要な時に使えなくなり、意味のないものになります。ましてや不慣れな海外となると、これこそ「陸の孤島」という状態になるかもしれませんので、気を付けましょう。

<参考記事:海外使用で高額請求にならない、通話料、通信料を回避するためのスマホの設定

二週間のイタリア、スペイン旅行でレンタルWiFi

私は大学二年生、20歳の夏休みに友人たち3人とともにイタリアとスペインへ旅行をしてきました。

イタリアにはヴェネツィア観光に、スペインにはFCバルセロナの試合を観戦しに行きました。イタリアとスペインに行くこともあり、二週間海外に滞在することとなったのでポケットWifiを借りることに。

なるべく大容量のものを借りようと思ったのですが、学生という身分もあり、あまりお金がなかったので、必要な分だけ通信できるプランにしました。

海外に飛び立ってから一週間、なにごとも問題なく時は流れていき、観光もうまくプラン通りにできたので、安心していたのですが、ここでトラブルが。。。

データ通信容量の上限が近づいて

その日、借りたWifiにつなげたところ、契約会社からデータ通信容量の上限が近づいているというメールが届いていたのです。通信データのやりくりには苦労していたので、残り一週間もあるのに上限が近づいているというメールが来たことにより、私たちはパニックに。

あまり通信容量がないのでfacebookやtwitterなどは宿や各地のフリーWifiを使おうと相談していたのですが、どうやら誰か守っていないらしいとみんなで疑心暗鬼に。

結局、埒が明かないので全員機内モードでWifiを切り、必要な時に必ず申告して使用するようにしました。

全員Wifiの接続を切り、機内モードにしてからとある事態に気づきました。なにやら何もしていないはずなのに、ポケットWifiの通信量が勝手に伸びていたのです。驚くことに電源が入っているときに私たちが通信をしていなくてもポケットWifiは通信を行っているようでした。

私たちはお互いに顔を見合わせ、疑ってごめんなさいと謝って、少しの間なごやかな空気になっていたのですが、いかんせんデータ通信の上限はすぐそこまで近づいています。

安いサービスはいい加減であいまい

事実に気づいた私たちは必要なとき以外、本体の電源も落とすようにしました。そして、これによってなんとかカツカツのデータ通信量でしたが追加料金を付与されることなく旅行を乗り切ることができました。

少し面白かったのが、ポケットWifiの本体の電源を切ったあと、もう一度電源をつけると少しばかりデータ通信料が回復していたのが印象的でした。今では最後までうまくいって旅行ができたので、笑い話にできますが当時かいた冷や汗やポケットWifiに対するあきれ具合は大学生活でも上位に入ります。

ですので、ポケットWifiなどを選ぶ際はやはり多少のお金がかかったとしてもそれなりによいものを借りた方がよいことがわかりました。せっかくの海外旅行ですし、自分たちで調べたお店とかに行きたいですものね。

当時は苦労しましたが今ではいい経験だと思っています。







-トラブル、ハプニング , 携帯、スマホ、SIM、WiFiについて
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.