便利グッズ 携帯、スマホ、SIM、WiFiについて

海外使用で高額請求にならない、通話料、通信料を回避するためのスマホの設定

今日は総務部の鈴木です。
海外のホテルなどでは、宿泊者に限り、もしくはそのホテルのフロント、ロビー周辺の使用に限り無料WiFiが使用できることが多くあります。そこで、「ホテルの無料WiFIを使う、通話料が高額にならないスマホの設定」の仕方はどうするのか?

抑えておきたいことを下記に記述します。

なぜ、海外では高額になるのでしょうか?

IPhoneでもAndroidでも、端末の設定の中に「データローミング」というものがあります。

IPhoneでは、
設定>>モバイルデータ通信>>モバイルデータ通信のオプション>>ローミング
で選択すると、データローミングがあります。
データローミングiOS
Androidでは、
設定>>その他ネットワーク>>モバイルネットワーク
で選択していくと、データローミングがあります。
データローミングアンD

この「データローミング」のチェックを入れ、機能をONにしていると海外でも海外の提携キャリアの電波に接続が可能になります。旅行前にスマホのデータ通信の契約を、海外ダブル定額で契約していることを条件に、1,980円ー2,980円/日で、データ通信が一定額で使用できるようになります。

しかし、正しいローミング対象の通信事業者に接続していない事で、料金が一気に膨らみ、1日で数万、数十万になることがあります。これが一番避けなければならないことで、正しく日本のキャリア(Docomo、Au、Softbank)のローミング対応事業者につなぐことで、動画などを視聴したり、大容量データをダウンロードしても高額請求されることを防ぐことができます。

海外でスマホで通信するためには

機内モードにするか、スマホからSIMを抜いておけば、通信はできませんので料金は基本的に0円です。そもそも海外で電源をONに入れても、基本的にはスマホには料金が発生する通信は行えません。なぜなら、そこには日本国内で契約したキャリア(Docomo、Au、Softbank)の電波が飛んでないからです。

そこで、上記しました「データローミング」の機能が出てきます。
この「データローミング」のチェックを入れ、機能をONにすることで、日本にいるときと同じように通信、通話を開始することができるのです。

この「ローミング」という言葉は、Docomo、Au、Softbankが海外で提携している携帯キャリア会社の電波を、提携使用して通信ができるようになるという意味です。

機内モードとは

もともと、スマホには通話(電話で話す)機能と通信(ネットやメールをする)機能があります。そして、この機内モードのチェックを入れ、ONにしていると、この通話、通信の機能両方を使えなくする事になります。

つまり、本当に緊急で連絡を取りたくなった場合、日本からも海外からも通信の手段が完全に断たれるのです。お金はかからないというメリットを享受するあまり、結構大きな問題に直面することになり頭を悩ませるとになるのです。。。

海外でのWiFI事情について

比較的海外でのWiFIスポットは日本より進んでいるような気がします。もちろん、有料のものは、主要な建物、空港、ホテル、スタバ、ファーストフード店、ショッピングモールにはありますし、ともすれば無料のスポットも多く展開しています。

すでに日本でも、スタバやタリーズ、マックなどでは無料のWiFiスポットが設置されてますよね?!
海外でも、これらの店には無料のWiFiがあります。

プリペード契約で、1時間、24時間、1週間などと区切って、現地のキャリアが契約している有料WiFiスポットも多く存在します。

どうしても、急ぎのメールなどをやりたいときなどは、こういった有料サービスも積極的に使っていっても良いかもしれません。5ドル/時間、10ドル/日などと言うくらいのサービスはザラです。

海外でのダブル定額設定について

auを例にとって説明すると、海外でもダブル定額での契約設定があります。しかし、その適用エリアと通信容量によって、2種類の契約形態があります。(au世界データ定額:利用制限、個別に契約は必要ではありますが、980円/24時間とお得、au海外ダブル定額:1,980円/日(約24.4MBまで)~2,980円/日)

どちらの契約をした上で、現地での携帯用電波を受けていたとしても、(画面にアンテナマークが表示されていたとしても)上記しましたデータローミングが設定されていなければ、通信し課金される事はないです。

海外で課金される通信料というのは、1,980円/1MBもかかります。海外ダブル定額の仕組みは1MBまでは1,980円に達し、その後、24.4MBの使用容量に達するまでは、料金はそのままです。24.4MB以上は、固定で2,980円/日の料金請求をされることで、ダブル定額という料金設定があります。

昔は、定額での頭打ちが存在しませんでしたので、料金は使っただけ課金されました。
例えば、仮に10MBまでの通信を行ったときの単純計算は1,980円×10(MB)ということになり、その時点で、約19,800円の請求となります。

それから、日本で使っている定額料金は、”月額”の定額料金ですが、あくまで海外での定額料金は”一日”あたりの料金です。ですので、まだまだ、日本国内での使用よりは高い料金設定だということを覚えておきましょう。

ホテルの無料WiFiがつかえます

上記のことを考慮すると、緊急連絡のための通話受信をするため電話回線だけ残し、緊急用の電話待ち受けだけを解放しておくのがオススメだと思います。

設定は、iPhoneでは、設定>>モバイルデータ通信>>モバイルデータ通信のオプション>>ローミング
でデータローミングだけオフ、音声通話ローミングをオン
音声通話ローミング

Androidでは、
設定>>その他ネットワーク>>モバイルネットワーク
を選択し、モバイルデータ、データローミングのチェックを外します。
データローミングアンD

こうしておけば、データ通信による過剰な課金は無くなります。そして、通話に関しては長電話をしないようにすれば、良いのです。

また、データローミングをオフにしたかわからなくなった場合は、待ち受け画面で画面上部にある3Gマーク、LTEマークが出ているかどうかを確認します。これは海外に着いた時点で表示されなくなりますので、データローミングを自分で設定しない限り、出てくることはありません。

ここまで設定を行った上で、最後にWiFiをONにしておけば、ホテルやスタバなどの無料WiFIを繋いで、無料で通信することができます。データローミングを設定しなければ、課金はされないことになります。

また、通話も無料WiFIの場で話せるようなところであれば(例えばホテルの自室)LINEやSKYPEをWIFIで使って、通話料金も無料にしたいところですね。

まとめ

ここまで、お話ししてきたことを以下にまとめますと、

まとめ

✔︎ 海外で高額課金されるのはデータローミングを行うから
✔︎  ゆえにデータローミングは設定から外す(設定しない)
✔︎  機内モードは通信を全て遮断してしまうので緊急時は困る
✔︎  緊急時のために通話はできるようにしておく
✔︎  海外ダブル定額料金は1日の定額料金なので日本よりも高い
✔︎  ゆえに、無料WiFIなどのあるホテルで繋いで、無料で通信、通話を楽しむ







-便利グッズ, 携帯、スマホ、SIM、WiFiについて
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.