お金、通貨、換金について トラブル、ハプニング  ホテルに関すること

韓国のタクシーの支払いで、警察沙汰?!

%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%b3
他国のお札って、たまに以前行った時からデザインとかも変わっている時があって、違うデザインのものが混ざっていたりする時があります。先日、ユーロも新紙幣と旧紙幣があり、ちょっと困惑しました。
韓国でもこんなことが起こるのですから、自分の持っているお金には気をつけないといけませんね。

あなたの財布にも偽札が混ざっているかも・・・

韓国へ女性二人旅

40代、女性会社員です。あれは私の初の海外旅行。友達と2人で選んだ行き先は、韓国 ソウルでした。飛行機に乗るのも初めて、日本以外の国に滞在するのも初めて。全てが初めてでワクワクMax状況でした!

あれを食べたい、これを買いたいと女2人旅は欲張り。行きたいところいっぱいで滞在時間を目一杯活用しようと動き回っていました。

初日は何事もなく満喫。さて2日目も頑張りましょう!
まずはお土産を大量購入しようと南大門市場やデパートをまわり持ちきれないほどの荷物になってしまったので、一旦ホテルに戻り荷物を置きに行くことにしたのですが…

このあとに今までの人生で3本の指に入るくらい肝を冷やした出来事がおこりました。

大きさの違う1000ウォン札に・・・

タクシーに乗り、滞在しているホテルの前に着いての支払いの時、メーターは5000ウォンほどを表示していました。

友達と2人で1000ウォン札を出し合い、さて降りようとしたところ運転手さんが突然烈火の如く怒り出し、私達を怒鳴り散らしドアを開けてくれません。
韓国語はさっぱり分からない私達、運転手さんが怒っている理由がさっぱりワカラナイヨ…

ポカンとする私達に運転手は私達が出したお札を出して並べて見せました。
それでも分からない私達。

韓国語で続く怒鳴り声の合間に『サイズ サイズ!』とようやく分かる単語が。
よくよく見てみると5枚ある1000ウォン札のうち1枚だけが少し大きい。ここでようやく運転手が怒っている理由を理解しました。ニセ札を使った疑惑をかけられている?!

私達が持っていたウォンは当然ながら、両替所で正当に換金したお金とお店でお釣りとしてもらったものだけ。運転手の怒り方が尋常ではないため、言葉も通じないこの状況で絶対絶命。しまいに運転手は

『ポリス ポリス!』

と叫び、車を発車させようとしました。警察に連れて行かれるのか…
日本に帰れるんだろうかと泣きそうな気分になっていた時でした。

救世主ドアマン、勝手にチップを持って行く

「コンコンコンコン」

と、車の窓を叩く音。ホテルのドアマンでした。

なかなか降りてこない私達の様子を不審に思ったらしく、運転手に話しかけてきました。
運転手はドアマンに事のいきさつを話しはじめ、2人がしばらく話したあとに運転手がおもむろに

『チェンジ!』

と私達に向かって叫びました。

あわてて1000ウォン札を1枚差し出した私。
運転手はそのお札をマジマジと見たあとドアをようやく開けて、

『降りろ!』

と私達を降ろし、すごい勢いで走り去りました。

ドアマンがその1枚を代えてもらえばいいじゃないかと言ってくれたようです。
とりあえず警察に連れて行かれなくてホッとしたところ、運転手が怒った原因となったお札をナゼかドアマンが持ってて

『これは俺のチップね!』

と英語で言い残し去っていきました。

そりゃあチップは渡すつもりではいたけど、勝手に持っていきなさんなよ…。
まぁ日本円で100円程度で警察に連れて行かれずに済んだので、あのドアマンには感謝してます。

全ての1000ウォン札を並べてみた

そしてその後、部屋に戻って、友達と持っているウォン札を全て出してサイズを見比べてみました。

持っていた1000ウォン札には、サイズの違うものが何枚かありました。
「透かし」もしっかり入っていて、大きさ以外はおかしなところはありませんでした。
製造時期でサイズが違うとかあったんでしょうかね?

同じ大きさのお札で揃えて払うということに細心の注意を払い、その後は気を取り直し楽しんで帰ってきました。

韓国での支払いの時は、お札の大きさを確かめて支払いをするのがいいようです。

スポンサーリンク








-お金、通貨、換金について, トラブル、ハプニング , ホテルに関すること
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.