飛行機、チケットに関すること

フィジーの空港にて、ついてない私

税関で、荷物検査のために止められるというのは、海外に良く行かれる方は1度や2度はあるかと思いますが、こんな理由で足止めを食うのは本当に珍しいです。

8c106767ec5eaef85ec5028fdf401a36_s

フィジーの空港税関で

以前、私はフィジー諸島という国に仕事で数ヶ月滞在しましたが、その間何度もフィジー人のラフな対応に驚かされました。一番最初の驚きはいきなり税関の時点でやってきました。

飛行機を降りる時点で、既にお腹の調子が悪かった私は、税関を通過する列に並ぶ前にトイレへ行こうかと思いましたが、列の後ろに並ぶのが嫌だったので、先に税関を通過してからトイレへ行くことに決めました。

早歩きで急いだおかげで、税関でのパスポート検査の列の真ん中あたりに並ぶことができました。しかし、列は少しずつしか動かず、1時間ぐらいが経過して、ようやく私の番になりました。

途中何度もトイレへ引き返そうか迷いましたが、最後尾になるのが嫌で便意を我慢したままでした。

パスポートを見せると、

「滞在先は?」
「仕事は?」

などと業務的に男性職員から質問され、

「日本人向けの語学学校の現地滞在スタッフとして来ました」

と答えると、さっきまで淡々と業務をこなしていた職員の機嫌が急に良くなり、身を乗り出すようにして私に話しかけてきました。

「おお!そこは日本人の女もいるんじゃないか!?」

と、職員。
続けざまに

「紹介してくれ!頼む!!」

と言われ驚きました。

ラフな対応の税関職員

私は他の国にも旅行などで行った経験があるので、どこの国も多少なりとも日本よりラフだとは思っていましたが、まさか税関の職員までこんなにもラフに接してくるとは予想外でした。

私の後ろにはまだ税関の前に並ぶ長蛇の列。

「OK,また今度ね」

と返事してさっさと切り抜けようとするも、職員は

「俺の住所書くから待ってて!」

と紙とペンを取り出し、待たされる私。

「税関さえ抜ければトイレに行けるのに・・・」

とモヤモヤしていると、隣にいた別の税関スタッフが自分の持ち場から出てきて私の横に歩いてきました(まだ税関に並んでいる人の列があるにも関わらず)。

「きっと注意してくれるんだ」

と期待していると、その職員は私に向かって

「おい!」

と言い、

「こいつ(私の手続きをしている職員)、この間彼女と別れたばっかりだから本当に頼むよ」

と、まさかの援護射撃に入りました。そして

「おい、こいつに電話番号教えてやってくれよ」

と私に言ってきました。彼ら二人以外のスタッフは黙々と仕事をしていました。私も不機嫌になり

「いや、フィジーに来たばっかりだから携帯なんて持ってないよ」

と不愛想に返事をし、彼の住所の紙を渡され、やっと解放されました。

そして、最後までついていない私

既にお腹の調子はピークに近くなっていましたが、税関を抜けた先には、もう1つ荷物を受け取るフロアがあり、そこにトイレはありませんでした。自分のスーツケースを受け取り、X線に荷物を通して、足早に目の前の自動ドアを通り抜けようとした瞬間・・・

「おい!ちょっと良いかい?」

と職員に肩を叩かれました。

「ちょっとあっちの部屋に来てくれないか?」
「え?別室って?薬物検査??なんで??」

と驚き、別室に連れていかれました。
職員は

「すぐ終わるから、緊張しないで」

と機械を私にかざそうとしました。私のお腹はほぼ限界に近く、冷や汗も出てきました。それが怪しかったのか、職員は

「顔色悪いけど大丈夫か?」

と声を掛けてきました。この時、私も正直に言えば良かったのですが、その時は逆に「今、トイレに行きたいと言えば逆に怪しまれる」と思い、できるだけお腹を意識しないようにモジモジしながら我慢しました。「これさえ乗り切れば・・・」その日、私は究極に運が悪かったのか、職員が驚きの一言を私に告げました。

「・・・すまん、機械が今故障してるみたいだ。すぐに終わるからちょっと待っててくれ」

その瞬間、私の頭は真っ白になりました。







-飛行機、チケットに関すること
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.