スーツケース 便利グッズ 知らないと損する情報

開けてビックリ!荷物検査票

機内持ち込みとは別に、飛行機に乗る時にはチェックインする荷物がありますが、その中身を検査されたことってありますか?

検査された時は、その検査があったことがわかるようになっているのですが。。。

6a843a0bbfd460b802833169c9959d6b_s

鍵を壊されたスーツケース

昔は、今のようにTSA規格のキーがスーツケースには付いていませんでしたので、鍵を掛けて預けたスーツケース、もしくは開けづらいものは、無条件で鍵を壊されていました。

ちなみに、TSA規格とは、アメリカ運輸保安局 TSA(Transportation Security Administration)によって設定され、承認され他鍵のことで、アメリカに限って荷物を預ける時に、鍵を壊されずに荷物チェックの受けられるロックです。

スーツケース自体の鍵に適用されていたり、スーツケースのバンド、錠前などに規格化されています。規格に適合している製品は下記のステッカーロゴが添付されています。

TSA

特殊な器具を使って開くのですね。

TSAの検査を受けた荷物には

冒頭で言いましたように、TSAに荷物検査を受けた荷物は、無条件で下記のようなペラ紙が入っており、荷物検査を受けた旨が報告されます。

ファイル 2016-07-13 23 07 35

別段、何もされていなさそうですが、あんまり良い気はしませんね。。。

今はまだ良いです

今はまだ、このような紳士的な対応を取っていますが、昔はこのような取り決めみたいなものはなく、9.11以後のセキュリティチェックは無作為に無条件で鍵を引きちぎられていました。

スチールのチャックの、錠前が付けられる輪っかなどを、業務用ペンチなどで切断されており、2度と使えないようになっていました。
それで、なんの断りもなかったのですから、気分は良くありませんでした。。。

もし、TSA規格の鍵を持ってなければ購入をお勧めします。
また、ヨーロッパ、アジア方面はそれでもダメな場合はあるので、鍵は閉めず、貴重品は機内持ち込みの荷物に入れるようにすべきだと思います。

チェックイン時には要注意です!

スポンサーリンク








-スーツケース, 便利グッズ, 知らないと損する情報
-, , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.