お金、通貨、換金について トラブル、ハプニング  穴場スポット

行きあたりばったりで、危な楽しいメキシコの旅

メキシコ

サンディエゴからメキシコへの国境越えは意外に簡単で、本当に国を越えたのかと思えるほど。しかし、国境を越えた途端、なんとなくアメリカではない雰囲気が漂います。すでにサンディエゴの国境近くあたりはその雰囲気はありますが。
ローカルに行けば行くほど、英語も通じなくなったくるところもありますので注意が必要です。危ないと感じたら、なるだけ深みにはまる前に警戒心を持って行動に移しましょう。

サンディエゴから国境越えでメキシコへ

現在30代半ばの専業主婦です。もう10年以上前の話ではありますが、大学時代にカナダに語学留学をしていました。そしてクリスマス休暇を利用して、アメリカ西海岸を友達と二人で旅行に行ったときのことです。

サンフランシスコから夜行バスでサンディエゴに移動し、サンディエゴで数日滞在していたときのことです。旅行者向けのガイドブックをホテルの受付で読んでいると、

「メキシコまでバスで30分!マーケットがお勧め」

のような記事が書かれていたので、メキシコまで日帰り旅行をすることにしました。

国境で入国審査を済ませ、かなり簡単にメキシコに入国できたのはいいのですが、そこからが全くどこに行っていいのかわからず、とりあえず、入国審査を出てすぐのところにあったバスターミナルで止まっていたバスに乗ってみました。

物乞いに囲まれて

そこにいた人たちがみんな乗り込んでいたので、きっと大きな街行のバス何だろうと思っていたのですが、早速始まった、バス内での物乞い。若い男の子がギターを弾きながら、

「帽子に小銭を入れてくれ」

と言わんばかりに、わたしと友達の前にはだかりました。そこは

「ノー・マネー」

と言い、なんとか切り抜けたのですが、30分ほどして到着した街は、明らかなスラム街でした。

そしてバスから下車すると、小さな子供数人にずっと物乞いをされ、付きまとわれました。わたしたちは明らかな外国人観光客だったので、お金を持っていると思われたのでしょう。子供に

「物乞いしてこい」

みたいな感じで遣いにやる大人も何人かいて、怖くなり、小走りでなんとか大通りまで出てきました。案内表示を見ようにも、すべてスペイン語で、インフォメーションセンターらしきものも見当たらず、友達とおろおろしていました。

救世主?!怪しげなメキシコ人

そこに、怪しげな見かけではありますが、30代ぐらいのメキシコ人男性が、

「ニホンジンデスカ?」

と片言の日本語で話しかけてきました。
この人も物乞いかと思い、ちょっと怖かったのですが、つたない英語で、

「ここは観光人は来てはいけない、危ない地域だよ。よくここまで無事で来られたね。観光客が集まる安全な通りは、あっちに行ったらいいんだよ。」

と親切に教えてくれました。
そして、その男性の指示通りの方向に歩いて行くと、安全そうな、観光バスもたくさん停車している大通りに出てきました。

うまくいった!?必殺!関西おばちゃん風値切り

そして、彼のお勧めの「マーケットでの値切り方」も実践し、メキシコっぽい派手なかわいい柄のスカーフやカーペットもたくさん購入することができました。

さて、その方法とは、実は。。。

わたしたちは明らかに観光客だったので、地元の人からしてみたら、「金づる」にしか見えていないとのこと。マーケットでもかなりの高値を提示してくるはずとのことでした。

ですので、とりあえず提示してくる値段には「No」と言い続け、

「2個買うから、この値段にしてくれ」

など、結構図々しく交渉したらいいんだよ。とそのメキシコ人男性は教えてくれました。向うも売ろうと結構必死なので、値切りには結構応じてくれました。

要するに、「関西のおばちゃんのノリで交渉すればいい」ということでしょうか?!笑

ともあれ、ガイドブックに載っていなさそうな地域で、しかも現地の言葉が話せない場合は、特に注意しながら事前調査しないと、無事に帰ってこられないかもしれない、と実感した体験でした。

<ちょっと気になる関連記事>
激安ツアーはトラブル続き
他人への親切が怖い事になる事があります
流行りのオンライン英会話

スポンサーリンク








-お金、通貨、換金について, トラブル、ハプニング , 穴場スポット
-, , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.