ホテルに関すること 手配・準備 英語、言葉に関すること 飛行機、チケットに関すること

見られなかった景色あのベネツィアの景色をもう一度!

予約したはずのチケットが予約されていなかったということは、よく聞く話ですが、しかし、自分ではあんまり遭遇しません。たとえあったとしても、廃止になっていたということは最初から予約できないはずでは?

と思ってしまいますが、今回はできてしまい、現地で大変な思いをしてしまった。。というお話です。

10日間のイタリア旅行へ

30代の機械メーカーの管理部門で働いている会社員です。

2年前に秋休みを取って(私の会社では、「夏休み」をある一定の範囲の期間で自由にとっていい、という制度があります。私の場合はそれを9月の末に取ったので実質は「秋休み」でした)、イタリアに10日間の旅行をしました。

基本的にツアーでバスに載せられて、お仕着せの場所に行くというのは好きではないので、日本の観光会社で、日本とイタリアの往復の飛行機と、都市間の移動の交通機関と、それぞれの街でのホテルの予約だけを行いました。

ベネツィアでトラブル発生!!

その中で、フィレンツェからベネツィアに移動した時のことです。
移動手段は列車でフィレンツェからベネツィアの本島側の駅まで行き、そこからチャーターの船に乗ってベネツィアに移動する、という方法で、私は海からベネツィアに入ることを楽しみにしていました。

駅について、ホテルまでを案内と、3日後にローマに行く列車の切符を手渡してくれる予定のガイドと合流したところ、なんだかトラブルが発生しているようなことをしきりに言います。

私も英語が片言で、彼も英語が得意ではないようで、お互いに知っている単語を駆使してのコミュニケーションになりましたが、要はローマまで乗る予定だった特急列車が廃止になっているということのようでした。日本でしっかり「予約」できていたはずなのに、なぜそんなことが起こるのか、全く理解できませんでしたが(それがイタリアというものなのでしょう)、仕方なく善後策をそのガイドの彼と話し合うことにしました。

チャーター船の中でどうしようかと話し合い問題解決・・・しかし

それで、ベネツィアまでのチャーター船の中で、延々とローマに行く方法についての検討と、その方策の結果新たに交通機関の予約を取ることと、明日彼の事務所に行って切符を受け取る話まで打ち合わせができたときには、船はホテルに横づけになっていました。

でもとりあえず、問題が解決したので、私と彼は握手をして別れましたが、妻は、船で海からベネツィアに入っていく景色の素晴らしさについて語りまくり、(私が景色も見ずに必死に英語で交渉している時に彼女はのんびりと船旅を楽しんでいたのです)非常に悔しく思いました。

最後には地元のレストランテで美味しい思いをしました

そして翌日、ベネツィアの中心部にある彼の小さな事務所に行って、切符をもらい、お礼に彼を食事に誘って、地元の人しか知らないリストランテでおいしい魚介料理を食べました。これは自分たちだけの旅行では味わえなかったことなので、トラブルの余慶だと思いました。

また苦手な英語でなんとかトラブルを解決できたのも、達成感がありました。
ただ、もう1度ベネツィアには行って、あの見られなかった景色が見たいです。

スポンサーリンク








-ホテルに関すること, 手配・準備, 英語、言葉に関すること, 飛行機、チケットに関すること
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.