便利グッズ 保険 英語、言葉に関すること

なくてはならないクレジットカード

頻繁に、海外へ行かれる方は、言わずもがなですが、これから海外へ初めて行かれる方は、クレジットカードは絶対に持っていた方が良いと思います。

これは、様々な場面であなたの強い味方になってくれますので。

現金よりカードでの支払い

主に、現地のホテル、食事などの支払いはほとんどクレジットカードでの支払いができますのでオススメです。なにより簡単で安心です。

現地通貨は要りませんし、レストランでは、チップも一緒に精算できてしまいます。
最近では、お店のカード端末によって、日本円での精算もできてしまいます。
これ、支払い時点での為替レートで精算できてしますので、すごく安心です。

カード控えは必ずもらうこと

意外にいい加減で、控えをくれないことがあります。

“Give me a reciept.”
(レシートをください)

とはっきり言うようにしましょう。
また、旅行が終わってから、カード決済までに請求が来なかったり、請求が間違えていたりするケースが偶にあります。
ですので、まず、トラブルになら無いように、必ず「精算時」にしっかり領収書の内容を確認して、疑問があるようであれば、その場で解決しましょう。

旅行が終わってから、電話やメールで解決しようとすると、お互い忘れていたり、言った言わ無いの話になり、なかなか解決しません。

カードは何枚か持つことがオススメ

国によって、使えない種類のカードがあります。
年会費の問題はありますが、なるべくなら、VISA、Master、AMEXは最低でも1枚ずつあると便利です。どれかは使えるはずですから。

必要に応じてJCB、Dinersなどもあれば可です。
しかし、使えるところが限られてきてしまいますので、必要に応じてで。
AMEXはヨーロッパで使え無いところがあります。Marter、VISAはほぼどこでも使えます。

何種類か持つことのメリットは、現地で、限度額などを超えて使えなくなった時の予備のため、使え無い種類の補填のため、スキミングなど盗難の為使えなくなった時の備えなどが考えられます。
また、海外旅行傷害保険が付与されているカードも最近は多く、保険をかけてい無い場合や、かけているものの上乗せとして活用できます。

キャッシングも便利

あらかじめ、空港で「いくら両替していこうか?!」
などと悩むことがありますが、カードがあればそれほど多くの現金は要りません。
1週間であれば、100−200ドル(orユーロ)であとはカード精算というパターンで十分いけます。
しかし、それでも現地で現金が必要な時は、ATMで簡単に現金が引き出せますので安心ですね。

ATMを現地で使うときには、機器によって操作手順は違うものの、英語表記でに出来れば、概ね下記の単語の意味を知っていれば、現金は引き出せると思いますのでご参考まで。

良く使い、また、これだけ最低知っていればATMで現金を引き出せる単語
WITHDRAWAL 引き出す
CREDIT クレジットカード
ENTER 入力
OTHER その他
PIN 暗証番号

その他、ATMの画面に出てきても慌てないように覚えておいた方が良い単語
SAVINGS 預金
DISPENSE AMOUNT 引き出し金額を選択
SOURCE ACCOUNT 口座選択
TRANSACTION 取引
TRANSFER 振り込み
BALCANCE 残高照会
CHECKING 当座預金

ATMは空港には確実にあります。
それから銀行。銀行の外壁に、道路に向けて、そのまま設置されているのを見ると、少し使用するのに抵抗がありますが。。。イタリアの街中などでは多く見かけます。

こちらもチェック↓
エクスペディアで会社名の入った領収書を入手する方法(宿泊費編)

スポンサーリンク








-便利グッズ, 保険, 英語、言葉に関すること
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.