▼羽田空港行きリムジンバス レビュー、口コミ 知らないと損する情報 鉄道、バス、地下鉄に関すること

【羽田へのアクセス レビュー記事】新横浜からのバスはラクで良い

みなさんこんにちは。
営業部課長の上田です。

今回は空港へのアクセスのお話です。
あなたは出張や海外旅行の時、どのような手段で空港にアクセスしますか?

いつものように、あなたの海外出張、旅行の準備への参考にしていただけたらと思います。

朝早くか夜遅くの便なら新横浜からのバスがおすすめ

大体、関東エリアだと羽田か成田だと思うのですが、今回は羽田空港へのアクセスについて。新横浜からのバスが意外に便利なのが分かりましたのでレポートいたします。

但し、注意が必要なのは、渋滞のリスクがありますので、時間に純分余裕があると見込まれるとき、例えば、朝早い便ですとか夜遅い便などのときに利用するのが安全かと思います。

羽田空港行バスの乗り場へのアクセスは簡単

新横浜の駅へは、新幹線、JR横浜線、横浜市営地下鉄のブルーライン、横浜市営バスなどでアクセスするかと思いますが、羽田空港行バスの乗り場は、北口バスターミナルにあります。新幹線の乗り場がある側の大きく開けた改札出口です。

2階のJR改札出口から正面の踊り場へ出ます。左手に新幹線の改札口、右手には、横浜市営地下鉄ブルーラインへのアクセスや新横浜グルメ街への連絡津路を見ながら、さらに右手上方には、スタバも見えますが、それらをやり過ごし、一旦外に出ます。

(エスカレータは左手にも、右手にも駅ビルの3階に上がっていくものがありますが、それには乗らずに外に出てくださいね。)

駅ビルから外に出てすぐに、バスターミナルへの連絡通路に向かう手前に、短いエスカレータがありますので、それを上ります。

そして、エスカレータの上ったすぐ近くの、すぐ左にあるエレベータでおります。そして、下りたところの島の一番奥のバス停が、羽田空港行のバス乗り場になります。

ちなみに、改札出口からそのバス停まではすぐですが、自動販売機などはありませんので、飲み物などは事前にキヨスクなどで購入しておくことのがお勧めです。

バスは20分おきに来てくれます


時刻表がバス停に張り出されてありましたので、参考までに掲載いたします。
どの時間でも、20分おきに出ているので、それほど待つことなく乗ることができそうです。

このとき私は、朝の8時すぎに羽田空港に着くように、7:25発のバスに乗ろうとしました。思っていた電車よりも1本早く乗れたので、バステーに着いたのは7時ちょっと過ぎ(7:05くらいだったと思います)でバス停には私の前に1人いただけでした。

「ちょっと早すぎたかな~」

と飲み物を買いに行きたいのを少し我慢しつつ、結局そのまま2番手でバスの到着を待っていると、あれよあれよと到着までの20分弱の間に、30人くらいの列になって今いました、

そのとき
「あー、ジュース買いに行かなくてよかったぁ」

と、思ったほどでした。

大きい荷物は自分で収納

さて、乗車の順番が来ました。

私はいつも、海外出張の時にはスーツケースは2つ持っていきます。大体、4-5泊できる預けるためのものと、手持ちのものは少し大きいですが、機内持ち込みができるソフトのキャリーバッグで2輪の車輪がついているものです。

さすがにこのとき、大きいものは車内に持ち込めず、どうすれば良いのか運転手さんに聞いてみると、バスの乗車口の少し後方にトランクの扉があり、そこに自分で収納するように言われました。

国際線、ターミナル1、ターミナル2とステッカーが貼ってありましたので、国際線のトランクの扉を自分で明けスーツケースを収納しました。

ちなみに、そのときすでに、3つほど収納されているスーツケースがありましたので、駅に来る前にどこかでも乗れるのだなーと思いました。

支払いはSUICAでラクラク



乗車料金の支払いは乗車時に行います。

実は既に何回か利用させていただいていた私はその時すでに、SUICAが使えることを知っていましたので、運転手さんにSUICAでと申し出、運転席の手前にあるSUICAの読み取り機にタッチしました。

そして、続けて
「領収書をいただけますか?」

と、運転手さんにお願いして、手書きの領収書を発行していただきました。

会社で生産が必要な方はここは大切なポイントです。忘れずに申し出ましょう。

時間を有効活用できる、車内には無料WiFiが!!

さて、いよいよ出発です。

車内アナウンスで、シートベルトの着用のお願いが流れたので、シートベルトを締めながら、ふと前方のシートポケットの冊子に目を向けてみると。。。

そこには、無料WiFiの文字が。

以前利用した時には、なかったのですが、バスの車内には無料WiFiが飛んでいるとのこと。早速、冊子の説明に従って、接続をしてみると、ブラウザでメールアドレスの登録は必要ですが、簡単に無料WiFiに接続ができました。

出張前に、メールをチェックしたいと思っていたので、とても時間を有効に使うことができました。

<まとめ>新横浜からバスで羽田空港へ行くときは

朝早くか夜遅くの便なら新横浜からのバスがおすすめ
羽田空港行バスの乗り場は、北口のバスターミナルですぐ目の前。アクセスはすごく簡単
羽田空港行のバスは20分おきに来てくれます
大きいスーツケースなどの荷物は、自分でバスのトランクに収納します
支払いはSUICAが使えて、領収書も運転手さんが手書きで発行してくれます
車内には無料WiFiサービスがあり、時間を有効活用できます

特に、平日の朝などは満員電車でスーツケースを持って空港まで行っただけで疲れてしまいます。

時間の比較的余裕のある朝などは、バスのアクセスはとても便利でした。







-▼羽田空港行きリムジンバス, レビュー、口コミ, 知らないと損する情報, 鉄道、バス、地下鉄に関すること
-, , , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.