手配・準備 携帯、スマホ、SIM、WiFiについて

海外では基本機内モードです

基本的には機内モード

私は33歳で貿易商の仕事をしています。

私は海外に行った時には、高額な通信料金の請求をされるのが嫌なので、基本的には機内モードに設定して通信をすべて遮断しています。

ですが、どうしても通信しなければならない場合はWiFiのみ通信できるように設定しています。こうすることでホットスポットに行けば海外でも通信ができます。

私の場合は、ビジネスで色々な所に行くので無料のWiFiスポットか有料のレンタルwifi機器を使用して通信しています。

ドコモのスマホなら海外でも定額でパケットを利用して通信できるのですが、対応していない国も多く、そのつど対応しているかどうか調べたりするのは面倒なので一番無難なwifi通信を利用しています。

情報を集めるのならwifiで十分できますし、困ることはありませんでした。

充電器の確保が難しい

問題は充電器の確保が難しいことです。ヨーロッパやアメリカ、アフリカ等、電圧が違う国はその電圧に対応している充電器で無いと充電できません。

かといって、充電ステーションは人が多くおり、ほとんどの場合、すぐには利用できません。

小型の乾電池を使用した充電器などもその国々で売られていますが、私の経験上作りが悪く使用できないものがあり不便です。

また、WiFiだけのGPS情報だと精度が悪く、実際にビジネスで訪れたい場所を探すとだいぶずれている事等もありました。でも、行きたい場所にいけないわけではなかったので良しとします。

無料で使用できるWiFiは、あったらラッキー

WiFiだけでの情報収集と機能を制限された形態では確かに電波が途切れたりすると一気に役立たずの携帯になります。

特に電波状態の悪い国もあり、中でも電波状態が悪かったのはオランダです。オランダは風で発電する風車がたくさんあり、WiFiと干渉します。WiFiと干渉するので電波を受ける受信機の性能が良くても使い物になりません。

カフェなんかでも一部電波が入りにくいところがあり、地下のほうが電波が良かったなんてこともありました。

私の経験から言えるのはまず、高額な請求をされたくないのであれば、WiFiだけで通信することと、レンタルでWiFi受信機を借りたほうが良いです。また、一部の国ではWiFi電波自体が弱かったり、電波干渉を起こしていて繋がらない国もあります。

ヨーロッパだから安心してWiFiが繋がるということもありません。

ヨーロッパでもWiFiの電波が弱い国は色々あり、中には無料のホットスポットと書いてあるのにWiFiの電源が入っていないカフェ等もあり、無料で使用できるWiFiは、あったらラッキー程度に考えておくほうが良いです。







-手配・準備, 携帯、スマホ、SIM、WiFiについて
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.