ホテルに関すること 手配・準備 穴場スポット

ゆったりと地元の人と触れ合えたイギリスの一人旅

%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%83%e3%82%b7%e3%82%99
接客では、英語が喋れない時って、何かと上から目線で対応されている気になって、腹立たしい対応を取られる時ってあります。たしかに、フロントスタッフの横柄なホテルは現実としてあります。相手も人間ですから、イライラするんですよね。日本と違ってそんな態度を結構オープンにしてしまうのも、また、欧米ならではではないかと思うのです。

片言の英語で一人旅

現在54歳主婦です。その旅に出かけたのは47歳の6月でした。

英会話を習ってやっとどうにかこうにか旅に必要な英会話が出来る様になった頃 念願の一人旅に出かけた時の事を書きたいと思います。ヨーロッパは6月頃が一番きれいな季節という事でその時期を選びました。

始めて空からロンドン近辺を見下ろした時の感動は今でもしっかり脳裏に焼き付いています。テムズ川やロンドン市内の有名な建物等々。。。そして、ロンドン郊外の整然と並んだ街並み。印象は緑色とレンガ色が綺麗に並んでいると言った感じでした。

おとぎの国にとうとうやって来たんだと心が躍りました。
さて、ロンドンヒースロー空港から、ケンブリッジに向かいました。ナショナルエクスプレスのコーチ(バス)での移動で、日本からインターネットでチケットは購入済みでした。

とにかく不安なので出来る事は全て日本であらかじめ準備をして、細かい道順までインターネットで確認してメモってから行きました。空港からバス乗り場までは随分距離があったのですが、その下調べのおかげでどうにか辿り着く事が出来ました。

トイレが見つからなかったり、タクシーが来なかったり

ケンブリッジの街はとても美しく街にはケム川と言う川が流れていてその周りに有名な観光名所や大学が軒を連ねていました。

そのとき、観光名所を見て歩いててトイレがなかなか日本の様に見つけられなかった事は困りました。やっと見つかったと思ったら、今度はコインを支払わないといけなくて持ち合わせが無かったりで参りました。そして、やっとトイレがある大き目のスーパーが見つかったので何とかなりました。

また、翌朝、タクシーを呼んで貰ったのですが入り口で待っていたんですが他にも沢山宿泊客がタクシーを待っておられ次々に乗り込んで行かれます。私はどのタクシーに乗ったらいいのか分からず困っていました。

ホテルの受付の人はつっけんどんだったし、もしかしたらちゃんと呼んでくれていないかもと段々不安になって来ました。

1時間位待った後、近くにいたタクシーの運転手さんに

「もう1時間以上待っているんだけどタクシーが来ないんです。」

と訴えました。すると、ちょっと待っててこの人を送って来たらすぐに迎えに来てあげるからと言ってくれました。その運転手さんはイギリス生まれではなくて数年前に移住して来た人でした。

目的地まで観光案内までしながら

「ここはいい街だよ。仕事を探すならここはいいよ。」

とか、世間話を気さくにしてくれて、それまでの惨めな気持ちが随分和らいだのを覚えています。

メイドが勝手に部屋に入ってきて

また、別の日にホテルにチェックインして、やれやれとのんびりしていると、メイド風のユニフォームを着た二人の女性がノックして入って来て

「余分のトイレットペーパーはご入りようですか?」

と聞いて来たのです。

私はとっさに

「はい。」

と答えてしまいました。

後でトイレを見るとちゃんとペーパーは予備の物も置いてあるし、何のためにこの人余分のペーパー欲しかったんだろうときっと笑われてるだろうなと恥ずかしくなって来ました。 

英語の聞き取りで分からない時には焦って何でも

「はい。」
 
って答えるのは良くないですね(笑)

嫌なことも吹き飛ばしてくれる経験

そして、ビックリしたのは翌日のんびりチェックアウトぎりぎりまで部屋で過ごしていたんですが 前の日の二人がノックもせずにドアを開けて入って来たのです。何だか恥ずかしさの上塗りでした。 

私の何かのミスでそういった事が起きたのか従業員の不手際かさえ、イマイチ分からなかったので文句も言えずただ我慢していました。

その上チェックアウトでは

「ここにサインして。」

と言われたのが聞き取れず、聞き返すとイラつかれて指で

「ここよ ここ!!」

と指さしペンを叩きつけるスタッフには悔しさが込み上げました。でも、その日一人で公園を散歩していて、ちょっと疲れたので川のほとりのベンチで休憩していました。すると、赤ちゃんと子供を連れたお母さんが横に座ってこられました。

私の英語はたどたどしかったですけど勉強になると思い

「暑いですね〜 」

から始め、気が付いたら30分程世間話をしていました。英語レッスンや日本語レッスンまでしていました。

慌ただしいツアー旅行とは違って不安は大きいですが、ゆったりと地元の人と触れ合えて本当に有意義な旅となりました。イギリスの景色は辛い事や惨めな経験をしても、すっかり吹き流してくれる様な美しい物でした。

スポンサーリンク








-ホテルに関すること, 手配・準備, 穴場スポット
-, , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.