その他 英語、言葉に関すること

よくわからない三文字略語とジェスチャー

英語圏の人と話したり、メールをしていたりすると理解できない略語やジェスチャーがあります。意味がわからないから、使い方もわかりませんよね〜
別に、知らなくてもなんとかなってしまいますが、わかると会話の細かい理解が深まります。

キリスト教の関係かな?クロスフィンガー

人差し指に中指を絡めて、両手でジェスチャーします。日本だと我々40代はみんな、

「エンガチョ〜」

ですよねー。
これ、クロスフィンガーっていうらしいんですけど、要は十字を切って、

「幸運を祈る」
「うまくいきますように」

っていうような意味なのだそうです。
会話の途中で入れてくるので、そう思って聞いていると、困難なことで結果が欲しい時にこれを使っているのがわかります。

これこれ、まさに、このことだよ! 指を曲げたチョキみたいな・・・

指を曲げてチョキするやつです。
これ、本当になんだか最初わからなかったんですけれど、これ

”  ” (ダブルクォーテーション)
の意味なのだそうです。
強調していたんですね。

「これこれ」とか
「まさに」

みたいな。
でも、出すタイミングが未だによくわかりません。

長いメールは嫌われます

よく、3文字略語を使いますね。定番では、こんな感じでしょうか?
ビジネスではあんまり頻繁では無いですが、付き合いが深くなると下の略語くらいは使いますので、お覚えておくと良いですね。

FYI:For Your Information(情報まで)
THX:Thank You(ありがと)
LOL:Loughing Out Loud (大笑いする)
BTW:By The Way(ところで)

絵文字は横向き

絵文字も日本のそれと違いますが、スマイルマークは、
🙂 とか:-)
使いますね。

これの派生で、;-)
というのがありますが、最初、意味が分かりませんでした。
なんだか、意地悪な感じのイメージを持っていたので、いたずらが成功した時の顔かな?!などと思っていましたが、これ、ウインクでした。
😉

うーん、言われてみたら、って感じですね。。。

スポンサーリンク








-その他, 英語、言葉に関すること
-, , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.