英語、言葉に関すること

海外出張で使えるビジネス英語 その2 I would appreciate it if 〜 〜について感謝いたします。

海外出張で使えるビジネス英語。
英語って、ペラペラしゃべるというだけでは仕事にはなりません。もちろん、仕事の基本的な取り回しができて初めて、”道具としての”英語が生きてくるのです。

そこで、使えるビジネス英語をフレーズと例文を含めてご紹介します。

さて、相手に「ありがとう」というとき、

Thank you

と言いますが、もっとあらたまった、フォーマルな言い方は無いのかな?
なんて、思ったことありませんか?

わざわざ、”自分のために”何かをしてもらった時に。。。

ご注文を頂いた時
Thank you for your order.
(ご注文ありがとうございます)

などと言いますが、
アポを入れていて、都合がつかなくなり予定変更を余儀なくされ、受け入れて頂いた時、ただ単に

Thnak you

とだけでは、何か物足りないと思った時はありませんか?

そんな時には使ってください。

I would appreciate it if you can understand about it.
(ご理解いただけて、とても感謝いたします)

となります。

日本人は"Sorry”が多すぎだと思いませんか?

申し訳ないと思った時、

”I’m sorry for my late
遅れて、すみません。

となりますが、こちらも実はもっとフォーマルな言い方があります。

I approgize for my late.
遅れて申し訳有りません

となります。

英語には敬語が無いと言いますが、同じ意味で言うとなかなか違う言い回しが見つからないだけで、しっかり敬意を払って伝えようとする言葉には、きちんと敬語は存在します。

そういった言い回しを知っておくだけで、英語圏の方たちにはきちんと伝わるものがあるはずです。

日本人は、

スミマセン=sorry

になってしまいがちです。
逆に、英語圏の人たちのsorryは、本当に謝るときに使うので、日本人より、明らかに重々しい感じなのです。

玄関先や店先で呼びかける、

スミマセン

とは、扱いが違うので、気をつけましょう。
そういったときは、

Excuse me
失礼します、スミマセン

Perdon me
失礼します

と言うのが適切でしょうか。

また、話に割って入るときや、話の方向性を変えるときなどは、

I’m sorry for interrupting you.
遮ってしまって、スミマセン

または、for以下を
〜bothering you/disturb you.
ともいいますね。

すまないと思えば、使えばいいと思いますが、ちょっとした呼びかけに、sorryは重いと心得ときましょう。

スポンサーリンク








-英語、言葉に関すること
-, , , , , , ,

Copyright© 海外出張あるある.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.